自分に合う治療を選ぼう

医者と看護師

美容医療による改善策

美しさの条件のひとつとしては、顔が小さいということもあげられます。モデルや芸能人は小顔で美しい顔立ちの人が多く活躍していますが、顔が小さいと全体のバランスが良くなりスタイルが美しく見える効果もあります。そこで小顔を目指して矯正を利用する人も増えています。一般的なエステサロンや整体院では顔の歪みを改善する施術やむくみを取り除く施術が提供されています。こうした方法でも一時的に顔をすっきりさせることはできますが、やはりマッサージなどの施術では限界もありますし、効果は一時的なものであることも少なくありません。そこで半永久的な効果を期待して美容医療により小顔矯正を選ぶ人も増えています。顔を小さくする治療も様々な方法が用意されていますが、顔が大きくなる原因により選ぶ治療も変わってきます。脂肪がついて顔が大きくなっている人もあれば、骨格が原因している人もありますので、まずは診察や検査で原因を確認してもらいましょう。治療はメスを使う本格的なものもありますが、最近は注射のみで顔を小さくできるなど身体への負担の少ない治療も増えてきました。

小顔矯正治療も選ぶ方法により治療内容は大きく変わってきます。骨を削る本格的な治療では頬骨やあごの骨を削ることで輪郭をすっきりさせていきます。傷が残らないかという心配もありますが、切開は口の中から行うことができますので、表側に目立つ傷が残る心配はありません。フェイスラインをなめらかにする効果がありますし、ダイエットでも顔が小さくならないという人にも効果的な方法です。脂肪がついている場合は脂肪吸引や脂肪溶解注射が効果的です。脂肪溶解注射による小顔矯正は頬やあごなどの輪郭に作用させることはもちろん、小鼻や重いまぶたをすっきりさせるのにも役立ちます。さらに最近はボトックスによる小顔矯正も人気です。こちらはどちらかというと筋肉が過剰に発達してエラが目立つ人に向いている方法です。ボトックスは筋肉の過剰な働きを抑える効果があり、自然にすっきりとしたフェイスラインが作れるのもメリットです。永久的な効果ではないものの、繰り返し行うことで後戻りも少なくなるとされています。

Copyright© 2019 施術法や費用について把握しておくことが大事 All Rights Reserved.