あごや輪郭を綺麗にできる

鏡を見る女性

手術や注射の施術がある

美容外科の小顔矯正の治療は、最近は注射によるものを希望する患者が多いです。ボトックスなどの医療成分を顔が大きく見える要因になっている部位に注入します。ボトックスは筋肉の作用を緩める効果があるので、エラに注射すればフェイスラインを綺麗にできます。注射の施術はメスを入れずに小顔に矯正できる点がメリットで、ダウンタイムも短いために早く社会復帰することが可能です。あごプロテーゼの施術を行っている美容外科もあり、人工軟骨をあごの部分に入れて輪郭を矯正する方法です。あごプロテーゼは他人の目から傷口が見えない治療法なので、整形施術を受けたことを誰かに知られる心配はありません。プチ整形であごや頬の状態を整えたい場合には、ヒアルロン酸注入も選択できます。ボトックス注入と同じように施術に時間がかかりませんし、メスを使わないために体に与えるダメージが少なくて済みます。根本的に小顔にしたい人は切開法を選択することになり、骨を削る手術も美容外科で行われています。骨切りの手術では骨を直接的に削るために、顔の土台となる骨格から形を整えることができます。

小顔に矯正するには、自己判断で治療内容を選ぶことは困難です。個人ごとにどの部分を矯正すれば顔が小さくなるのか異なるために、最適な治療方法を診断してもらう必要があります。小顔矯正の施術実績が多い信頼できる美容外科を選ぶことが大切です。さらに、カウンセリングを受けて、専門医に自分の輪郭や顔の形を分析してもらい、納得した状況で施術を受けることが重要です。メスを使用する矯正方法のほうが痛みやリスク、回復までの時間がかかります。自分の生活スタイルや仕事の内容を考えて、どの施術方法が一番良い効果が得られるのか判断しましょう。多くの診療メニューを用意している美容外科のほうが、自分に合った方法が見つかります。ボトックス注射やヒアルロン酸注射ならば、予約を入れることでカウンセリングや施術はすぐに終わりますので日常生活の負担になりません。最先端の医療機器が置いてある美容外科のほうが、正確なシミュレーションが行えます。自分の理想的な小顔に近づけるために、良い医療機器が導入されているかも確認しておきましょう。

Copyright© 2019 施術法や費用について把握しておくことが大事 All Rights Reserved.